個人で作業する

hddのデータ復元は個人でも作業できるような環境になってきました。

 hddの復元をするには、大きく二つの方法があります。  まず基本OSに関わるトラブルのためにhddのデータ復元を行う場合には、基本OSに標準搭載されている復元機能を利用する事で実現できます。この場合、こまめに復元ポイントを作成しておくことで現状に近い状態までデータ復元を行う事が可能になります。  一方個別ファイル等を誤った操作等で消去してしまった場合などには、ファイル復元ツールをりようすることでファイルの復活を行う事が可能になります。hddでは、ファイル名を管理する部分と実データの記録領域が分離されています。一般にファイルを消去した場合、hddの内部には実データは記録されたままの状態になっています。そこで、ファイル名と実データの関係を修復してファイル名を復活させることでファイル復旧を行う事が可能になります。  このように、以前であれば専門業者に修理依頼していたhddのデータ復旧については、個人で手軽に復旧作業を行う事ができるようになってきました。

基本OSの標準機能を利用したり、ネットで公開されているフリーソフトを上手に利用しましょう。

 hddの復元に利用するツールには、基本OSに標準搭載されているシステム復元機能を利用したり、インターネット上にフリーソフトとして無料で利用できるように公開されているファイル操作ツールによって消去してしまったファイルの復活を行う事が可能になっています。  両者ともに作業のために料金を支払う必要はありません。  また、パソコン購入時にインストール済みのOSに標準で搭載されている機能を利用することは、実績もあり信頼できる機能であるといえます。  一方、フリーソフトについては、プログラム開発者の好意によって無料で公開されているソフトです。また利用時には万一の場合の責任罷免に関する了承をしたうえでの利用ですので、作業について問題が生じたとしても、開発者を責める事は出来ません。とはいえ、現在公開されているソフトの品質は有料ソフト並みに高品位のため、ある程度信頼して利用する事ができます。  もし信頼性を追求する場合は、有料でもhddのデータ復元を専門に行なう業者への復旧依頼を行うのが得策です。