購入しやすい

外付けhddは、価格も安価になり購入しやすくなってきました。

 ノートパソコンは、デスクトップパソコンとことなり携帯性を優先させているために本体に搭載されているハードディスクの容量は小容量が一般的でした。そのため、ノートパソコンを主たる作業パソコンとしていた場合、内部ハードディスクはすぐに容量が足りなくなり、外付けhddを利用することとなっていました。  外付けhddは、容量も本体に搭載されたhddと比較して大容量で、基本OSなどを搭載していないこともあり、利用方法に自由度が大きいのが特徴です。  現在の外付けhddの価格は、据え置き型の3.5インチタイプが1〜2テラバイトのタイプが概ね一万円程度、また携帯できるような小型で薄型の2.5インチタイプが500ギガバイト程度で約六千円〜八千円ほどが相場です。

ドライブのタイプは3.5インチ据え置き型、小型化・薄型化の携帯型2.5インチタイプが普及しています。

 従来は、据え置き型パソコンが標準でしたので、搭載されるハードディスクも3.5インチが一般的でした。そのため、そのハードディスクを利用した外付けハードディスクも3.5インチタイプが主流でした。  ところが、パソコンの主流がデスクトップからノートブックタイプに推移するにつれて、ノートPCに搭載するための2.5インチのハードディスクも量産されるようになり、それを流用した携帯型の外付けhddが登場してきました。  最近の動向としては、ハードディスクレコーダーや液晶テレビの録画用外部メディアとして外付けhddが用いられてきたこともあり、3.5インチの大容量hddは2〜3テラバイト程度の商品が主流となっています。  一方、ノートパソコンで用いるための、低消費電力で小型薄型タイプの外付けhddは500ギガバイト程度の外付けhddが一万円以内で購入できるようになりました。  容量対費用を考えると、3.5インチ搭載のハードディスクのほうがコスト―フォーマンスは高いです。